3Dプリンタ技術で仮設住宅を24時間で作れる

「Apis Cor」という企業が、3Dプリント技術を応用し、
24時間で仮設住宅を建設できる手法を開発。
その解説動画です。

機材と材料込みでトラック1台分とのこと。
機材があれば、あとは材料を運べば次々に住宅を建設可能。

被災地やオリンピックの選手村などの利用を想定しているようです。

材料は樹脂製でしょうけど、防火対策とかはどうなのか……、
不要になった時の処分方法も気になりますね……。

総コストは1万ドルとのこと。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください