血漿を3Dプリントして皮膚を作る

欧州宇宙機関が、人間の血漿から皮膚を3Dプリントする事に成功したそうです。
血漿を3Dプリントして皮膚を作る
本来は火星探査目的で、火星で怪我した時の治療用として開発したようです。
皮膚を作る動画がYouTubeで公開されています。

材料の血漿は宇宙飛行士から採取できます。
ただし、血漿にメチルセルロースとアルギン酸を加えて粘性を高めているそうです。
じゃあ、それらの物質が切れたら治療できなくなりますね。
一応、植物や藻類から抽出できるようですが。

同様に骨を作る事も可能とのこと。
血漿を3Dプリントして骨を作る

Upside-down 3D-printed skin and bone, for humans to Mars

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください