植物由来の物質と3Dプリントで牛肉を再現

スペインの新興企業「ノバテック」が植物由来の物質で牛肉を再現した「3Dプリントステーキ」を開発したそうです。
植物由来の物質と3Dプリントで牛肉を再現
ただし、プリントに必要な時間は20分。
費用は100gで3300円もかかります。
本物の牛肉の筋繊維と同じように成分を並べているので、食感は牛肉そっくりとのこと。

コメントは受け付けていません。