Windows7通常版とDSPの違い

DSPとはDelivery Service Partnerの略です。
DSP版のWindows7は、OEM用の新規インストール専用版のこと。
Windows7のOEMとは、パソコンの購入時に何らかのパーツの使用が条件でインストール済みのWindows7の廉価版のことです。
もし、そのパーツを他のパーツに換装すると、DSP版は使えなくなります。
よって、近い将来換装する可能性が高いパーツのDSP版は避けたほうが賢明です。
例えばHDDなんて壊れる可能性が高いし、より容量の多い物に換装する事も珍しくないです。
DSP版は通常版とは異なり、ライセンス認証が必須です。
ライセンス認証はインターネットか電話で行います。
パソコン購入時に販売側が予めインストールするだけで、再インストール用のディスクは無いので、もしも再インストールの必要が生じた場合は、自力でインストールすることはできません。
ただし、販売側がインストール用のディスクを用意することが一般的です。
またDSPには「修復ディスク」も付いておらず、修復ディスクは販売側が用意しないので、自力で修復ディスクを作成する必要があります。
通常版は32bit/64bitの両方が同梱されており、インストール時に任意に選択可能ですが、DSPは購入時にどちらかを選択する必要があります。
OS不具合時の問い合わせは、その販売側へ行い、マイクロソフトは関知しませんが、その代わりに安くなっています。
DSP版については、このページが詳しいかと。
Microsoft社製品におけるライセンス管理の覚書

コメントは受け付けていません。