十分なディスク領域がないので、この操作を完了できません。というディスクの管理エラーの解決方法

ディスクの管理でパーティションを作る際に
「十分なディスク領域がないので、この操作を完了できません。」
というエラーメッセージが表示されてパーティションを作れないことがあります。

これはWindows7標準の機能の「ディスクの管理」では右隣に空きがある(未割当領域がある)パーティションしか拡張できないのが原因です。

また、システムの修復を利用してHDDを換装した際に、
以前のHDDよりも容量が大きいHDDに換装したあと、
あまっているディスク領域に新しいパーティションを作成しようとしたときにも発生します。

この場合はパーティションの全体サイズもそのまま新しいHDDにコピーされ、
ディスクの管理ではそのデータを更新する機能が無いことが原因のようです。(未確認)

Partition Wizardというフリーウェアを使うと、このエラーが出ずに自由に新しくパーティションを振り分け直すことができます。
Partition Wizard

1.リンク先から「Partition Wizard Home Edition」をダウンロードし、インストールします。
2.Partition Wizard Home Editionを起動後に「MiniTool Partition Wizard」を選択すると、Partition Wizardが開きます。
3.サイズを変えたいパーティションを選択して右クリックし「Move/Resize」を選択します。
4.スライドバー画面が開くので、好きなサイズにします。または数値を入力してサイズを指定してもOKです。
5.サイズを変えたいパーティションを設定し終えたら「Apply」をクリックすることで、パーティションが再振り分けされます。

ただしPartitionWizardをインストールしたパーティション自体を変更する場合は、再起動が必要です。









このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。