Windows10の回復ドライブの作成方法

Win10がセーフモードですら正常起動出来ない場合に備えて、回復ドライブを作っておいた。

16GB以上のUSBメモリーが必要
メモリーの内容は全て消去されるので注意。

ノートPCの場合は必ずAC電源を接続してから行います(途中で電気が切れると回復不能となる恐れがあるので)。

コントロールパネル→システムとセキュリティ→セキュリティとメンテナンスを開きます。

「回復」→回復ドライブの作成を開きます。

「システム ファイルを回復ドライブにバックアップします。 」
にチェックが入っている状態で「次へ」をクリック。

「お待ちください」と表示されると情報収集が始まります。
待ち時間は10分くらい。

USBフラッシュドライブの選択画面になると、
接続されているUSBメモリが表示されるので、
回復ドライブにしたいUSBメモリを選択し「次へ」をクリック。

あとは自動的に必要なファイルが作成されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。