Win10をセーフモードで起動する

Windows10をセーフモードで起動する方法のまとめです。

Shiftを押しながら再起動を選択
再起動中に「オプションの選択」画面が表示されます。
トラブルシューティング→詳細オプション→スタートアップ設定を選びます。

右下の再起動ボタンをクリックすると、再起動でスタートアップ設定オプションが表示されます。
その中からセーフモードを有効にするを選択します。

もっと簡単な方法は「ファイルを指定して実行」に

shutdown /r /o /t 0

と入力すると、即座に再起動が始まり、
詳細オプション画面に直行できます。

あとは上記と同じ手順でセーフモードを有効にします。

従来通りに起動時にF8を押してセーフモードに切り替えるには、以下の方法で可能です。

管理者権限のコマンドプロンプトで

bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy

と入力します。

BIOSで「Fast Boot」を無効にしておきます。

その後、起動時(再起動)に一度BIOSに入ります。

何も変更せずにBIOSを終了させたら、F8を連打すると、セーフモード起動が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。