Win10が勝手に再起動するのを防ぐ方法

Windows10では更新用に勝手に再起動する仕組みがあり、
デフォルトの動作はオンになってます。

この設定を異なる設定に変える事で、勝手な再起動を防げます。

オプション設定には存在しないので、
ローカルグループポリシーで変更します。

左下のスタートボタン→Windowsシステムツール→ファイル名を指定して実行を開きます。

ファイル名を指定して実行に
gpedit.msc
を入力して起動します。

コンピュータの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→Windowsアップデートを開きます。

「自動更新を構成する」を開きます。

もし「未構成」なら「有効」にします。

オプションのプルダウンメニューから「2.ダウンロードと自動インストールを通知」を選択し、OKを押します。
Windows10自動更新を構成する
これで従来のWindowsシリーズのように、更新通知のみになり、
自動ダウンロードや自動インストールはなくなります。

「3.更新プログラムを自動的にダウンロードし、インストールの準備ができたら通知する」場合は、
プログラムのダウンロードは自動ですが、インストールは通知だけです。

「4.更新プログラムを自動的にダウンロードし、以下に指定されたスケジュールでインストールする」場合は、
プログラムを自動でダウンロードし、インストールは設定した日時で実行されます。

「5.ローカルの管理者が構成モードを選択し、自動更新による更新の通知とインストールを実行できるようにする」は、
同じパソコンを複数の人が共有している場合の設定なので割愛します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。