DPC WATCHDOG VIOLATIONとは何か

DPC WATCHDOG VIOLATIONはデバイスドライバーの問題で起きるエラーらしいです。
PCに接続しているデバイスから10秒以上応答がないと起きるようです。

一定時間、デバイスドライバーが応答しないと発生するとも。
HDDやSSDのドライバーが古いとか互換性に問題があると起きるとも。
節電機能の誤動作で応答しなくなるのが原因とも。

私の場合、エラーが起きなくなったのは「高速スタートアップ」を無効にする事。
高速スタートアップを無効にする
今年の1月にPCが正常に再起動や終了できない問題が起きて、
高速スタートアップを確かに無効にしたんですが
どうもOSの更新で設定値が標準に戻ってたんでしょうね。
別に新しいドライバーを更新したなんて事は全くないんです。
なので、一番怪しいのはOSの更新です。

そう言えば最近、停止させていたはずのSuperfetchが有効化されていたと思い出しました。
「おかしいな?」とは思ったんですが、自分が戻したのを忘れているのかと再び停止させました。
今思えばOSの更新で設定値が戻ってたんだと思います。

もしDPC WATCHDOG VIOLATIONが最近起きたのなら、
直近のOSの更新で高速スタートアップが有効になってないか確認すると
手っ取り早くエラーを解消できるかもしれません。

もし最近、デバイスドライバーの更新をやっていたのなら
デバイスドライバーの古いバージョンに戻すか
ドライバーをWindows標準のドライバーに変えると改善するかもしれません。

節電機能が有効になってるなら、全て停止すると解消したという報告もあるようです。

これ以外のエラー解消法としては、一般的なファイル修復をするしかないようです。

  • システムの復元をする
  • コマンドプロンプトで「CHKDSK C: /F /R」を実行する。
  • コマンドプロンプトで「SFC /SCANNOW」を実行する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.