Delivery optimizationは停止しましょう

Win10を使ってると、突然Delivery optimizationというプログラムが妙に何かをダウンロード。

調べるとDelivery optimizationとはWindows Updateの機能で、
P2Pで他人のPCから更新ファイルをダウンロードしているようです。

信頼できるかわからない他人のPCから更新ファイルをダウンロードするとは……。

ただし、Microsoftはこの機能を停止できる設定を用意してあります。

スタートボタン→設定→更新とセキュリティを開きます。
Windows Update→詳細オプションを開き、
「更新プログラムの提供方法を選ぶ」を開き、
「複数の場所から更新する」をオフにします。
Delivary optimization
これで他人のPCから更新プログラムをダウンロードするという、
セキュリティリスクがとても高い設定が無効となります。

例えMicrosoftが対策していたとしても、
誰にも破れないセキュリティなんてありません
過去にもMicrosoftは新しく発見されたセキュリティホールを塞ぐ「緊急アップデート」を何度も行っています。
Delivery optimizationにも同様の「未知のセキュリティホール」がある可能性は否定できません。
万が一の事を考慮して、使わない方が無難です。

別に自分のPCが狙われるという話ではなく、
誰か他のPCなりサーバーなりを狙う「踏み台」(中継用端末)にされるリスクがあるわけです。

実際、パソコン遠隔操作事件が起きていますが、
こういう遠隔操作の中継端末にされる可能性があります。

PCやプログラムの知識があれば、
自力で気付いて未然に対応できるかもしれませんが、
私のような素人はDelivery optimizationのような危険性の高い仕組みには関わらない方が安全ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。