Antimalware service executableのディスクアクセスが異様に増加するのを防ぐ対応方法

Antimalware service executableとは、
Windows defenderが動作すると連動して起動するプログラムらしいです。

つまり、何らかのセキュリティスキャンを行っている訳ですが、
Antimalware service executableのディスクアクセスが異様に増加し、
いつまで経っても止まる様子が無い状態に陥る事があります。

この原因は何と「自分自身をスキャンしているから」だそうで……。

そこでディスクアクセスの異常増加を防ぐには、
自分自身をスキャンから除外すればいいわけです。

設定→更新とセキュリティ→Windows defender→Windows defenderセキュリティセンターを開きます。

ウイルスと脅威の防止→ウイルスと脅威の防止の設定を開きます。

除外の追加または削除を開きます。

除外の追加をクリックし、
“C:\Program Files\Windows Defender\NisSrv.exe”
を追加します。
Windows10 Antimalware service executableの除外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。