コントロールされたフォルダアクセスで人質ウイルス対策

Windows10にはコントロールされたフォルダアクセスと呼ばれるセキュリティ機能があります。

これを有効化すると、事前に登録したアプリしか、そのフォルダにアクセスできなくなります。
代わりにランサムウェア(身代金ウイルス)もまた、そのフォルダにアクセス出来なくなるので、ファイルを人質にされずに済みます。

コントロールされたフォルダアクセスを有効化するには、
設定→更新とセキュリティ→Windows defender→セキュリティセンターを開きます。
ウイルスと脅威の防止→ウィウルスと脅威の防止の設定を開きます。
「コントロールされたフォルダアクセス」をオンに切り替えます。
コントロールされたフォルダアクセスで人質ウイルス対策
初期設定ではCドライブのシステムフォルダーが保護されますが、任意のフォルダを追加できます。

万が一、人質ウイルスに感染してもこれだけは守りたいという重要ファイルが入ってるフォルダを対象にするのが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。