ALARAの原則とは何か

ALARAとはas low as reasonably achievableの略で、
放射線利用時には合理的に可能な限り低線量被曝に抑える」という原則のこと。
単にas low as possible(可能な限り)ではないことに注意が必要です。
合理性を無視して何が何でも、という意味ではないようです。

1977年に国際放射線防護委員会(ICRP)のALARAの原則に基づいて、以下の放射線防護の三原則が生まれています。

  • 正当化。放射線利用には社会全体の利益がプラスにならないと行けない。
  • 最適化。放射線を低線量被曝に抑える為には経済的、社会的、合理的な範囲で可能な限り低く抑えなければならない。
  • 制限。個人が被爆する放射線量は委員会の勧告以下でなければならない。

最適化、および制限の原則から、原子力発電所周辺住民の被曝量は年間0.05ミリシーベルト以下とされてます。
また、治療目的のレントゲン撮影では不要な撮影を避けなければなりません。
特に子供は成人よりも放射線の感受性が高い為、できる限り被爆範囲を狭くする必要があります。
食品中の汚染物質を可能な限り低くすべきですが、
生産や取引の中断をなるべく避ける為に許容濃度を高めに設定してあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。