CIAが作った「会社組織をダメにする11の方法」

第二次世界大戦中にCIAが作った「Simple Sabotage Field Manual」という組織をダメにするマニュアルが発見されたそうです。
公開されたのは2008年。

CIAのスパイマニュアルに学ぶ「会社をダメにする11の行動様式」

  • 「注意深さ」を促す。スピーディーに物事を進めると先々問題が発生するので賢明な判断をすべき、と「道理をわきまえた人」の振りをする
  • 可能な限り案件は委員会で検討。委員会はなるべく大きくすることとする。最低でも5人以上
  • 何事も指揮命令系統を厳格に守る。意思決定を早めるための「抜け道」を決して許さない
  • 会社内での組織的位置付けにこだわる。これからしようとすることが、本当にその組織の権限内なのか、より上層部の決断を仰がなくてよいのか、といった疑問点を常に指摘する
  • 前回の会議で決まったことを蒸し返して再討議を促す
  • 文書は細かな言葉尻にこだわる
  • 重要でないものの完璧な仕上がりにこだわる
  • 重要な業務があっても会議を実施する
  • なるべくペーパーワークを増やす
  • 業務の承認手続きをなるべく複雑にする。一人で承認できる事項でも3人の承認を必須にする
  • 全ての規則を厳格に適用する

要は意思決定を遅らせる、意思決定できなくするのが狙い。

これが今の日本企業にそっくりと話題になってたようです。
バズってたのは2015年なので3年くらい前。

無駄な会議が多く、意思決定に多数の承認が必要で、
承認方法も押印という手間がかかる方式は正に日本の企業のステレオタイプ。

更に言うなら、今の国会議員も似たような行動を取ってますね。
特にモリカケ疑惑の再検討を何度もアピールする左派系議員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.