50年前に養子に出した息子が母が実名でやってる喫茶店で再会

50年前の1960年代にアメリカに養子に出した息子が、日本の実母に会いに来たそうです。
再会できたきっかけは実母が息子が会いに来るのを期待して、
息子の名を店舗名にした喫茶店を経営し続けていたから。

He searched for his Japanese birth mother. He found her — and the restaurant she had named after him.

実母と再会したのはBruce Hollywoodという名の日系アメリカ人の空軍太佐。
Bruce氏は2005年に心臓発作で倒れて以来、実母を探すようになったそうです。
Bruceの上官とカンファレンス行きの空港でたまたま遭遇し、
自分の生い立ちを話したところ、上官の伝手で日本の実母が見つかったとのこと。

実母は息子の名「Bruce」という名の居酒屋をずっと経営していたそうです。
養母が送った写真にBruceと名付けたと書いてあったのがきっかけ。
息子の名を付けたのはいつの日にか息子と再会したかったから。

実母は結婚せずにずっと独身だったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。