民泊運営はキツかったという証言

民泊運営はキツいという証言。

Airbnbから消えた物件「民泊新法よりもキツかった運用実態」ホストが語る

この人は最盛期には月200万円の売上があったそうです。
しかし以下のクレーム対応に追われてやっかいだったと。

  • 宿泊客から騒音クレームに石膏ボードを設置。
  • 1Fのスナックが深夜まで営業してたので宿泊客からクレーム。
    同じスナックで朝まで歌ってた客がいて、宿泊客から寝れないとクレーム。
    この場合はAirbrbで低評価をつけないよう全額返金したそうです。
  • 隣室の住人にずっと監視されていた。
    しつこく物件のオーナーに電話クレームを入れるので、その奥さんがノイローゼになり、
    ついにはオーナーから立ち退きを迫られた。

最終的には6月15日に施行された「住宅宿泊事業法」により、撤退したそうです。

まあ私も民泊は全面的に反対なので、撤退者が増えたのなら良い法律が施行されたなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください