文明が崩壊する認知閾とは何か

認知閾とは社会が複雑化すると発生する思い込みや物事の単純化のこと
元はアメリカの社会学者レベッカ・コスタが「文明はなぜ崩壊するのか」という著作で提唱した概念。

レベッカ・コスタは社会に認知閾が現れると
人々が以下の行動を取るようになると主張しています。

反対はするが対策はない
個人に責任を転嫁して問題を解決したと酔いしれる
怪しげな因果関係に飛びつく
物事の原因が不明でも何か一つにこじつける(タブロイド思考と同様)
緩和策や応急処置に満足し根本問題を先送りする
問題を細分化してより複雑にしてしまう
行き過ぎた経済偏重行動をとる

これらの認知閾現象のせいで、問題の解決が遅れ、対策が取られないまま文明は滅亡するとのこと。
レベッカ・コスタはそれを脳科学を援用して説明しているようです。
本当に脳が原因なら、滅亡するのは必然でどうしようもないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください