人種差別への配慮でアメリカの文学賞の名前が変更

アメリカの文学賞を受賞した「大草原の小さな家」の作者に由来する文学賞の名前が改名。
理由は作品中で人種差別していたから。

「大草原の小さな家」の著者名、米文学賞から外される 差別表現理由に

その文学賞とは児童文学賞「ローラ・インガルス・ワイルダー賞」。
賞が創設され、第1回の受賞者選出の際に作家の名前を冠したそうです。
これが「児童文学遺産賞」に改名されました。

表向きは人種差別に反対っていう理屈ですが
本音は自分らの歴史を隠したいだけだと思いますね。

なぜなら……こうやってどんどん抹消して50~100年経つと
歴史に詳しい人じゃないと自分らがかつて人種差別をする作家を文学賞の名に冠する国だったとわからなくなるからです。

なので、これは一種の歴史修正主義と言えます。
彼らがやってるのは Political correctness ではなく
History washing とか History laundering と呼ぶべきじゃないでしょうか。

この手口が続くと、50~100年後のアメリカは人種差別してた歴史など無かったかのような国になるでしょうね。
そしてあたかも自分達は古くから品行方正な清廉・高潔な国だったと思い込むでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください