ゲイの結婚式用ケーキの製作拒否は信教の自由

アメリカで、ゲイカップルが結婚式のケーキを注文したら拒否されたので
そのケーキ屋を反差別法を根拠に告訴していたそうです。
1審2審共にゲイカップルが勝訴。
ところがその最高裁判決が出て、1審2審判決は信教の自由を侵害してるとケーキ屋が逆転勝訴。

U.S. Supreme Court backs Christian baker who rebuffed gay couple

でもこの理屈だと宗教を隠れ蓑にすれば差別もOKになりますね。
国家が宗教の認定をして、認定されない宗教は信教の自由の埒外になるんですかね?
この辺りの整合性はどうなろんだろうなと……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください