キーボードアレルギーとは何か

キーボードアレルギーとは1980年代~1990年代の流行語で、
主にパソコンが苦手なオジサン達がパソコンの操作から逃げ回っていた態度を揶揄する意味で使われました。

身体症状を意味する本当のアレルギーとは関係ありませんw

キーボードアレルギーは世界的にも珍しい現象で、
当時の日本のオジサン達はなぜかパソコンを使うのを嫌がってたんですね。
もしも世界でも同様の現象が起きていたのなら、似たような言葉が生まれていたはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください