差出人が不明の中国からの郵便物は受取拒否しましょう

最近、差出人が不明の中国からの郵便物が届くケースが増えています。
もちろん通販で頼んだ商品なら問題ない訳です。
自分で頼んだ物が、実は中国から発送された商品だったのかもしれません。
発送元をよく確認せずに注文していたケースもよくあるようです。

問題なのは身に覚えのないケース。

通販など注文してないのに中国からの郵便物が届いた場合は、
いわゆる「送りつけ商法」の可能性が高いです。
日本でも送りつけ商法が一時期流行ってましたが、その国際版です。

勝手に送って後で代金を請求するんですが、その代金が高額だったりします。

なので、覚えがない商品は受取拒否しましょう。

もし受け取ってしまった場合は開封しないようにします。
そして郵便局へ持ち込んで受取拒否にデータを書き換えるよう依頼します。

もし開封済みなら、中身を傷を付けないよう保管し、消費者センターに相談してください。

全国の消費生活センター等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。