NASAの月重力を疑似的に再現するテスト映像

NASAが1963年に行った月の重力を疑似的に再現する映像です。

月の重力は地球の1/6で、体を斜めにしてワイヤーで保持すると、疑似的に1/6の重力を再現できるそうです。
NASAの月重力を疑似的に再現するテスト映像
動画の初めは単独で斜めにした壁に立ってジャンプする様子。
続いて、普通に歩いているのと疑似重力との比較映像。
3つ目はそれを横から見た様子。
4つ目は思いっきりジャンプするとどの程度飛べるかという比較。
5つ目は梯子やポールをよじ登ったり、階段を昇降する様子。

無理に斜めにした体を保持しているのでぎこちないですが、
確かにアポロ11号の乗組員が月面を歩いている様子に似てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。