AIがクロマキー無しで背景を切り取る事に成功

通常の背景合成は「クロマキー」と呼ばれる技術が使われています。

クロマキーとは背景に単色の布などを被せることで、
手前の人物や立体物などを浮き上がらせ、
合成すべき部位をコンピュータが認識できるようにする技術のこと。

グーグルが育てているAIは、クロマキー無しで手前の対象物を認識できるようになり、
背景合成がクロマキーと同レベルで行えるようになったそうです。

Mobile Real-time Video Segmentation

その為に、AIに人物の髪や顔、眉や唇を認識させる学習をさせたそうです。
AIがクロマキー無しで背景を切り取る事に成功

このAIはスマートフォンでの利用を想定指定るので、
動画の1フレームごとの合成は行っておらず、
キーフレームで人物を認識した後は、
その後に続くフレームではキーフレームから計算して人物を認識しているとのこと。
これで演算負荷が減るそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください