機械学習で人が見ている映像を推定するAI研究

国際電気通信基礎技術研究所と京都大学の研究者が、
fMRIを使って被験者の脳活動画像を採取し、
その時に見ていた画像をAIに推測させる事に成功。

ATRと京都大学、fMRIで測定した人間の脳活動のみから、その人が見ている画像を機械学習を用いて再構成する提案を発表。心の中でイメージした内容の画像化にも成功

でもその動画を見る限りは、言う程推定できてませんね。
おおざっぱにしか特定できてない。

一方、頭の中でイメージした図形を推定する研究もやっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください