マイクロソフトがキーワードに対応する画像を作るAIを開発

マイクロソフトがキーワードに適した映像を作るAI「AttnGAN」を開発しています。

Microsoftがテキストから本物と見間違うレベルの架空のイメージを自動生成する新AI技術「AttnGAN」を開発

Microsoft researchers build a bot that draws what you tell it to
マイクロソフトがキーワードに対応する画像を作るAIを開発
このAIは「Generative Adversarial Network」という技術が中核にあり、
それは長い文章を単語に切り離して、ここの要素を認識するというもの。
例えば「緑色の冠、黄色の羽、赤い腹の鳥」という文章だと、
従来の技術では文章全体を単語と認識してしまい、上手く描けなかったようです。
GAN技術により個々の単語を認識可能になり、上記画像のような絵を描けるようになったそうです。

でもこれって、グーグルが検索キーワードを個々の単語に切り離して認識しているのを同じもののはず。
グーグルこそ、このようなAIをいち早く作れたんじゃないですかね。
マイクロソフトはこの単語認識技術をBingに応用しないんですかね。
というか、今までBingでは長文の単語認識をやってなかったんですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。