A/2017 U1は観測史上初の太陽系外天体だった

A/2017 U1という太陽系外天体(星間物体)が10月19日にハワイの観測所で確認されました。
Small Asteroid or Comet ‘Visits’ from Beyond the Solar System

この天体は直径400メートルで秒速25.5キロメートルで飛翔。
A/2017 U1は観測史上初の太陽系外天体だった
太陽の北極方向から飛んできて、
太陽と水星の間を通り抜け、
太陽の重力で大きく針路を曲げて秒速44キロメートルまで加速、
地球と火星の間を通り抜けて、
二度と太陽系に戻って来ないとのこと。

A/2017 U1は’OuMuaMua(オウ・ムアムア)と命名

観測史上初の恒星間天体、名前は「’Oumuamua」

由来はハワイ語で、’Ouは手を伸ばすという意味。
MuaMuaは前へという意味。

ちなみに「A/2017 U1」のAは小惑星の意味。
しかし恒星間天体と判明し、Intersteller(恒星間)を意味する「1I/2017 U1」とという付合になったそうです。
先頭の「1」は通し番号。
今回で観測史上初の恒星間天体なので1な訳ですね。

‘Oumuamuaは細長い形だった

その後の継続観測で恒星間天体の形状が細長い棒のような形だったと判明したようです。
oumuamua
Solar System’s First Interstellar Visitor Dazzles Scientists

長さは少なくとも400メートルで、幅はその1/10ほど。
7.3時間の周期で自転しているようです。

こと座のベガ方向から飛来し、
数十億年もの間どこの恒星にも捕まらず
我々の太陽系にやって来たと推測されています。

オウ・ムアムアは破壊された彗星

オウ・ムアムアは元々所属していた恒星系内の木星のような大きな重力によって破壊された彗星だったようです。

New Study Shows What Interstellar Visitor ‘Oumuamua Can Teach Us

根拠は、オウ・ムアムアが岩石質の天体なら、
恒星系の中心付近に存在していたはずで、
中心付近から恒星の重力を振りきって外部へ飛ばされるのは考えにくいから。

通常、天体は氷の外層を持つそうですが、
恒星の中心付近では氷の外層が溶けます。
そして岩石質の天体となります。

でもオウ・ムアムアは氷の外層を持ってません。
オウ・ムアムアが元は恒星の外縁に存在していた彗星だと考えると、
猛烈なスピードで太陽系へやって来た事に説明がつきます。

なので、オウ・ムアムアは有機物で覆われた氷と考えられています。
それなら太陽に接近しても「尾」を出さなかった事に説明がつきます。
そして細長い形状は元の恒星系の巨大惑星の重力で引き延ばされたから、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。