2002 AJ129 が時速10.7万キロで地球に最接近

2002 AJ129とは2002年に見つかった「潜在的に危険」な地球近傍天体(小惑星)のこと。

Wikipediaは英語版でしか解説がないのですが、リンク貼っときます。
(276033) 2002 AJ129

”潜在的危険”に該当する小惑星「2002 AJ129」が時速約10万キロで地球に接近中、2月3日に最接近予定

Asteroid 2002 AJ129 to Fly Safely Past Earth February 4

幅は1.1キロで高さは800メートル超。
最接近は2月3~4日。
画像のようなコースで、地球から約420万キロを通り過ぎると予測されています。
2002 AJ129 が時速10.7万キロで地球に最接近
地球の引力で軌道が曲がる様子を描いた動画のキャプチャ画像です。

ニュースサイトでは遠方を通過するという記事タイトルじゃないので、危機的に思えますが
そこまで遠いなら、地球へ激突する確率はかなり低いはず。
今回は420万キロですが、2172年には685000キロを通り過ぎるそうです。
月と地球の距離の2倍程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。