視力が低い事と知能が高い事には関連があった

イギリスのエジンバラ大学の研究で、
低視力と高知能には関連性があったと判明。

ポップカルチャーの定番「眼鏡をかけたキャラは賢い」は現実的なキャラだったと。

It’s not just a pop culture trope – a University of Edinburgh study has found intelligent people are 30% more likely to have genes related to poor eyesight

研究ではイギリスの16歳~102歳までの30万人ものデータを利用。
知能の高さと相関のある特徴を抽出すると、視力の低い人ほど高知能だったと。
他にも高血圧症や狭心症、肺癌、鬱病などの疾患が多く、
一方で逆に長生きの人も多かったそうです。

視力の低い人はそうでない人よりも高知能者が30%多かったとのこと。

ただの相関関係だし、むしろ知能が高いのは視力低下という犠牲と引き替えに勉強しまくったからと言えます。
高血圧症や狭心症は運動不足も原因でしょう。
長時間勉強するのだから運動不足になりがちなライフスタイルになります。
長生きの人も多いのは、運動もするインドア派がいるからじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.