蛾は蝙蝠の超音波を欺く羽根を持っていた

蛾の尾部の飾りは実は蝙蝠の超音波を撹乱する作用があったと判明。

The evolution of anti-bat sensory illusions in moths

蛾には羽根の尾部に長い飾りのような物がついているタイプがいて、
その尾部が蝙蝠の超音波の反射を撹乱してしまい
蝙蝠は蛾の本当の位置からズレた反射音波をキャッチし、蛾を捕食するのに失敗するそうです。
蛾は蝙蝠の超音波を欺く羽根を持っていた
尾部が長ければ長いほど回避率は上がり、10cmを超えていると回避率は70%以上になってたとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください