全ての円盤銀河は10億年周期で回転していた

イギリスの王立天文学会の発表によると、
円盤銀河は大きさや質量の大小を問わず10億年周期で回転していたとわかったそうです。

All disk galaxies rotate once every billion years | Astronomy.com
全ての円盤銀河は10億年周期で回転していた

その根拠は中性水素の移動速度。

サイズや回転速度の大小で30倍もの差がある様々な円盤銀河を観測。
その外縁の中性水素の角速度を調べた所、
どの円盤銀河でも1回転に10億年かかる速度だと判明。

密度が高い銀河では早く回転しているのに、
同じサイズで密度が低い銀河は遅く回転しているそうです。
にも関わらず周期は同じなんですかね……。

“You won’t find a dense galaxy rotating quickly, while another with the same size but lower density is rotating more slowly.”

と言ってるので、語訳ではないはず。

上記の動画は密度の高い方が左で低い方が右。
同じ周期で1回転していて、密度が低い方も高い方も同じ回転速度に見えます。

今回の発表は外縁部分の中性水素の速度を元にした推測に過ぎず、
渦巻き銀河は中心部分と外縁とで回転速度が違うはず。
だからこそ渦巻き型になるんじゃないですか?

密度の高低で回転速度が違うってのは
渦巻き銀河のことを言ってるように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください