ハンセン病はリスが広めた説

ハンセン病はリスが広めたという説があるそうです。

Genetic Analysis Suggests Squirrels Contributed to the Global Spread of Leprosy

テュービンゲン大学、スイス連邦工科大学ローザンヌ校、チューリッヒ大学、その他の大学の共同研究で中世の土葬された遺体を調査。
骨にハンセン病の痕跡がある遺体から採取したレプラ菌のDNAを解析すると
デンマークの聖ヨルゲン墓地の遺体には3系統のレプラ菌が集まっていたと判明。

一箇所に3系統のレプラ菌が集まった原因として有力なのが、リスの毛皮取引だそうです。
中世ではリスの毛皮は一般的に広まっていたのと
中世の修道院ではペットとしてリスが飼われることもあったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください