エジプトの隕石ヒュパティアは太陽系外からやってきた

ヨハネスブルク大学の調査で、
エジプトで1996年に見つかった隕石が
太陽系の隕石とは異なる組成だったと判明。

エジプトで発見された隕石「ヒュパティア」、太陽系内に存在しない化学組成だった

Extra-terrestrial Hypatia stone rattles solar system status quo

この隕石は「ヒュパティア」と呼ばれ、
炭素化合物を大量に含み、ほとんどがダイアモンドとなっています。
ありふれた隕石のコンドライト隕石は通常、
少量の炭素とシリコンが含まれているだけです。
ダイアモンドは地球への衝突で形成されたと考えられています。

ヒュパティアの一部の炭素化合物は多環芳香族炭化水素(PAH)で、
純粋なアルミニウムも含まれていました。

純粋なアルミニウムはこれまでどの隕石からも見つかってません。
しかし単に見つかってなかっただけです。
太陽系内の全てのアステロイドを調べるのは不可能ですが
もしそれが可能なら案外ザラに見つかるかもしれません。

更にモアッサン石(モアサナイト)と呼ばれる
地球上では極稀にしか存在せず、
ほぼ隕石にしか存在しない物質が予想外の形状になってたり、
ニッケルとリンを主成分とする外殻も発見。
ヨウ化銀や炭化ケイ素鉱物も発見されています。
これらは太陽系形成前に存在していた物質とされています。

ヒュパティアはマイナス196度で生成されたと、Jan Kramers教授は考えています。

ヒュパティアとは紀元3~4世紀のエジプトの哲学者、数学者、天文学者の女性。
ローマ皇帝テオドシウスによる異教徒迫害の一環として、
生きたまま牡蠣の殻で肉を骨から削ぎ落として殺されています。
牡蠣の殻とは当時の屋根のタイルとして使われていた物質。
ただし、肉を削ぎ落とすという記述はローマ帝国衰亡史の創作の可能性もあります。
斬殺自体は史実のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。