QBを怪我させる為に背後からあからさまなレイトタックル

日大アメフト選手が明らかにボールを投げ終わってるのに、相手選手のクォーターバックを背後からタックル。
QBを怪我させる為に背後からあからさまなレイトタックル

タックルされた選手は膝軟骨損傷、腰の打撲で全治3週間、かつ腰椎棘間靱帯損傷で左足の痺れがあるとのこと。

日大アメフト悪質タックル、負傷選手は腰椎棘間靱帯損傷 後遺症可能性「極めて低い」

これは日大アメフトの監督がラフプレーを指示していたそうです。

日大アメフト悪質タックルは監督の指示か「最初のプレーで相手のQBにけがをさせる」

日大の内田正人監督は試合前、コーチや選手が集まるミーティングで「最初のプレーで相手のQBにけがをさせる。何か言われたら『監督の指示』と言っていい」との趣旨で選手の名前を挙げ、指示をした。

いくら監督の指示とは言え、良心の呵責があるなら従うのは困難なので
指示通りに実行した選手も、指示した監督もサイコパスでしょうね。
下手すりゃ一生物の後遺症が残ったらしいし。

日大が責任逃れのコメントを発表

「QBをつぶせ」は「思い切って当たれ。試合前によく使う言葉」日大広報部がコメント

曖昧な言い方で相手に解釈させつつ、
自分が思っている正解を当てないと叱責したり冷淡な態度で応じるんでしょ。
そうやって本人が勝手に暴走した体裁にして、
自分は悪くないと責任逃れできるようにしていたんでしょうね。
人を操る事に長けたサイコパスがよく使う手口。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください