観察型サイコパスとは何か

「観察型サイコパス」という概念は初耳。
でも確かにサイコパスでしょうね。

観察型サイコパスとは、人を不快にさせる行動や怒らせるような行動をとり、相手の反応を見て楽しむタイプとのこと。

後半の知人を殺す方法を具体的に解説して相手の反応を見て「面白かった」なんて、
その内本当に殺してもおかしくないですね。
そうしないのは、単に捕まるからとか、人生を台無しにするからとか、功利的な理由に過ぎません。

亡くなった父の火葬で「この金歯、売りたいからもらっていい?」――観察型サイコパスのドン引き発言

「祖父の葬儀での出来事です。火葬された骨を骨壺に詰めるとき、叔父が骨に混じっていた金歯を指して、『これ質屋に売るからもらっていい?』と半笑いで言うんですよ」(男性・40歳・塗装業)

 あまりにも空気の読めない発言に親戚一同は大激怒。叔父は反省するどころか、追い討ちをかけるような言葉を吐いたという。

「あまりのショックに泣き出す家族もいるなか、『はー、そうですか……。あ、今のは金歯の“歯”にかけてるんだよ!』と得意気に言うんです。本人は面白いと思っていたようで、葬儀後の会食でも、『はー』と連呼していました」

(中略)

「知り合いのTが、フェイスブックの友だち一覧にいる人物の“殺し方”を冗談めかして投稿するんです」(男性・27歳・運送業)

 その内容は事細かく残忍さが際立っているという。

「先々月は僕の殺し方を投稿して、『配達するダンボールのなかに忍び込んで、突然飛び出して愛用のナイフで頸動脈を切る!』と書き込んでいたんです。不快というよりも、恐怖を感じました」

 当然ながら周囲はドン引き。本人に会ったとき、注意してみたそうだが……。

「『芸人が動物と戦ったりする番組も、みんな笑って観てるじゃん。あれだって動物愛護の精神からすればおかしいだろ? 俺の投稿もギャグだから』と意味不明な言い訳をしていました。しかも、ブロックすると『別に法律とか破ってないし、面白かったじゃん』と直接メールを送ってくるんです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください