視聴率アップの為に殺人を依頼していた司会者

ワラセ・ソウザというブラジルのテレビ番組の司会者が
視聴率アップの為に殺人を依頼し、
警察よりもいち早く現場に駆けつけて生中継していたそうです。

ワラセ・ソウザは元警官の州議会議員も兼ねてました。
ブラジルの人気司会者でテレビ番組「カナルリブレ」も持ってました。
更に麻薬組織のメンバーで、敵対組織のメンバーを殺すよう依頼し、
事件現場に駆けつけて生中継して視聴率アップという一石二鳥を狙ってた訳です。

ワラセ・ソウザの悪事が発覚したのは組織のメンバーが捕まって自白したのがきっかけ。
逃げられないと悟ったワラセ・ソウザは自首したそうです。

間違いなく犯罪的サイコパス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください