民泊は密輸の舞台になっている

Airbrbで有名な民泊が覚醒剤の密輸の舞台になってます。
中国人とマレーシア人が逮捕されています。

覚醒剤密輸、民泊で受け取ろうとした事件相次ぐ

  • 昨年10月に中国人・張嘉強容疑者(20)が覚醒剤所持で逮捕。
  • 末端価格で1億5000万円分、2400グラムが発見。
  • コピー機のトナー16個に混ぜて密輸。
  • マレーシアから日本へ発送された。
  • 福岡市の民泊で受け取る予定だった。

恐らく囮捜査でしょうね。
泳がせていたんじゃないですか?

  • 昨年12月にも覚醒剤3000グラムが民泊で発見。
  • 末端価格は1億9000万円。
  • スーツケースに隠してインドから関西空港へ密輸された。
  • シンガポール人のバクティア・ビン・アワル容疑者(37)が逮捕。
  • 大阪の生野区の民泊で別の人に渡す予定だった。

こっちは空港で発覚してるので、囮捜査ではないですね。
ただ、同様に民泊が使われる予定だった。

逮捕されたのは氷山の一角だろうし、
バレにくいから利用されてる訳ですよ。

もし近所の人が民泊してたら、さっさと通報しましょう。

民泊ポリスTOP

そして、その旨を近所に広めて、地域社会から追い出した方がいいです。
自分が金を稼げればOKという順法精神皆無なので、サイコパスの可能性が高いし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください