俺の部下で自殺した奴がいる

地方公務員の上司に「俺の部下で自殺した奴がいる」と自慢げに話すサイコパスがいるらしい。
文書のてにをはの修正を残業で延々とやらせるのは、
人を支配する事に愉悦や満足感を持つサイコパスの特徴。
部下が自殺しても自慢げなのは、それを人を支配できる自分の力と本気で思ってるから。

「俺の部下で自殺したやつがいる」と自慢げに話す上司…地方公務員のブラックな実態

「ウチには『これまで俺の部下で◯人自殺したヤツがいるんだぜ!』と武勇伝のように自慢してくる、人格が崩壊した管理職がいます」

 苦々しい顔でこう語るのは、都庁職員の黒沢亮さん(仮名・38歳)だ。

「議会対応という名目で夜間残業を強いられるのですが、延々とやらされるのは『てにをは』などの文書の修正。しかも、ちょっとした文書表現のミスでも『緊張感が足りない!』と怒鳴り散らされることも珍しくありません」

 度重なるパワハラで鬱状態に陥り、自殺に追い込まれた同僚もいるという。さらに黒沢さんを襲ったのは、理不尽な“役所の論理”だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.