レーザーで錆を破壊する錆取り方法

静岡県のとある中小企業が、鉄錆をレーザーで焼く錆取り法を開発したそうです。
レーザーで錆を破壊する錆取り方法
レーザーでサビがたちまち消える――インフラ老朽化を救う静岡発の新技術

パッと見は火炎放射器みたい。
レーザーをプリズムを使って回転させて広範囲に当ててるそうです。
回転させる事でレーザーが一点に当たり続くことはなくなり、
「錆を焼き払えるけど、その下の鉄は焼けない」という絶妙な温度になるとのこと。

調べたら、既に2016年にベルギーの企業がP-Laserという似たようなレーザー錆取りを発明してました。
P-Laser Industrial Laser Cleaning
レーザーで錆を破壊する錆取り方法

ベルギーのは「線」で静岡のは「円」ってのが違いみたいですね。
レーザーで錆を焼く事自体は知財には触れないんでしょう。

P-Laserのレーザーは錆を焼くものの、錆びてない金属部分はレーザーを反射するので、焼けないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください