簡単に眠れるようになる連想式睡眠法とは何か

連想式睡眠法とは、何でもいいので英単語を決めて
単語の最初の文字と同じ頭文字の単語を次々に思い浮かべる方法のこと。

Fishなら、まず「F」を頭文字とする別の単語を次々に思い浮かべます。

Fine Family Friend Foot Fantasy……など。

1つ目が思いつかなくなったら、2つ目の文字で同じように単語を思い浮かべます。

そうすると、眠くなるという睡眠法です。

シャッフル睡眠法とも呼ばれています。

これは、大脳が眠ってよいと判断するのを誘導するのが狙い。

人が眠りに陥る時は、大脳が判断しています。
大脳は論理的な情報処理をしていると
「覚醒しないといけない」と判断し、眠れなくなります。
一方、単語を次々に脈絡無く思い浮かべるという
非論理的な処理をしていると、
大脳は寝てもよいと判断します。

連想式睡眠法はカナダ人の研究者が考案したので英単語となってますが
別に日本語の単語で連想しても、同じ効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください