削り箸のススメ

削り箸は年末になると毎年一膳買ってるのですが、

なぜ削り箸かというと、

円形に近いので比較的持ちやすく
ある程度は角張ってるので転がりにくいから

多角形の箸だと転がりにくいけど、持って指が痛くなるので論外。

私が愛用してるのは「箸屋さいこ」の漆塗りや若狭塗の削り箸。

漆は3年も使用してると薄くなる。
上は3年前に購入した箸で、下は1年前の箸でまだ漆は剥げてない事が光沢からわかるはず。
削り箸比較
漆を塗り直すサービスもあるけど、
一膳2000~3000円程度で塗り直しを依頼するのもどうかなと。

なので毎年買ってるわけです。

箸屋 さいこ 「削り箸」

1年経って、また新しいのを買いますが、
今までに買った4本の削り箸はこんな感じ。
下から4年前、3年前、2年前、去年購入した箸です。
4本の削り箸比較
去年買った削り箸が殆ど新品同様なのは、
4本の箸をローテーションで使ってたから。
1本あたりの使用頻度は落ちてるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.