カレーを鍋に置きっぱなしにするのは食中毒リスクが高い

カレーを鍋に残した放置するのは食中毒リスクが高い保存方法です。
東京都健康安全研究センターがカレーやシチューの実施調査を公開しています。

「家庭における食中毒予防に関する調査」の結果

「カレーを鍋のまま保存」が半数 正しい知識で食中毒対策を

研究ではカレー1gに1000個の細菌が残っていると、常温で放置した場合は5時間後に100万個まで増殖。
一方、容器に小分けして冷蔵庫で2時間で急冷した場合は、1個も増殖しなかったそうです。

でも普通はカレーを沸騰させる訳で、食中毒菌は死滅してるんじゃないですか?
それでも1gにつき1000個程度は残るものなんですかね……。

私も作り置きのカレーを鍋に入れっぱなしで一晩放置なんてザラですが、
別に食中毒菌が100万個も増えているのなら、それを食って腹を下しているはずなので。

まあ念の為に再加熱して沸騰させるのは正解ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください