中国の一帯一路戦略とは何か

一帯一路とは、
中国が周辺国にインフラを建設して、
中国中心の経済圏をつくりあげるという政治戦略。

中国は初めは格安でインフラを建設する事を持ちかけます。
実際に工事が始まると、資金の上乗せを要求します。
それが通らないと工事を中断して放置します。

インフラを建設できたとしても、その費用の支払いに高い金利を要求します。
当地の政府が払えなくなると、引き替えにインフラの運用権と警備という名目での軍隊の駐留を要求します。
実際、スリランカではハンバントタ港建設後に高い金利から費用を払えなくなり、
99年間の運用権と警備の権限を譲渡する事になりました。

このような事態が続いた事で、さすがに周辺国も一帯一路戦略を警戒するようになってます。
親中のパキスタンですら中国によるインフラ建設を拒否しているほど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください