アスペルガー博士は障害児を処刑するナチスに協力していた

アスペルガー症候群の名の由来であるアスペルガー博士は、
障害児を処刑するナチスに協力していたとわかったそうです。

Pioneering autism doctor Hans Asperger sent disabled children to be killed by Nazis, new study claims

アスペルガー博士は障害児をSpiegelgrundクリニックという小児科に送っていたと疑いが生じています。
表向きは「Aktion T4」という重篤な障害者を安楽死させるという名目で集めていたようですが、
Spiegelgrundでは障害児を使って人体実験を行っていました。
犠牲者の脳は何十年も瓶詰めで保存されてたとのこと。
2002年4月にそれらの遺体はウィーン中央墓地に埋葬されてます。
犠牲者数は少なくとも789人。
殆どが精神障害だったようです。

アスペルガー博士は障害児をSpiegelgrundに送った見返りに、
ナチスドイツ政権下での地位を守ったとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください