高額医療費制度とは何か

高額医療費制度とは、高額な医療費を1ヶ月で払った時に、一定額以上を払い戻す制度です。
※正確には高額療養費制度。

1ヶ月とは、毎月1日~末日までなので、月をまたいだ場合は適用外です。
ただし事前に高額になるとわかっている場合は「限度額適用認定証」を提示する方が便利。
なぜなら、認定証を窓口に見せると一定額以上支払わずに済むからです。
一方、高額医療費制度の申請では、一度は窓口で支払いを済ませてから、後日払い戻すことになります。

いくらから申請できるかは所得に応じて異なるので、詳細は「自己負担限度額とは」で確認してください。

計算式は

支払った医療費-自己負担限度額=払戻額

です。

例えば、上記リンク先の「低所得者」が10万円の医療費を払った場合、
自己負担限度額は35400円なので、差し引き64600円が戻ります。

70歳以上の場合は、自己負担額が8000円~24600円に減ります。

また1年の内、4度目の請求からは自己負担限度額は下がります。

払い戻しには条件があって、1つの病院で21000円以上の医療費を支払った場合です。
医療費を合算しても個々の病院での支払いが21000円未満の場合は、適用外。
例えば、近くの診療所に行ってから大病院に回されて、というケースだと適用外となる可能性があります。

同じ病院でも外来と入院では別扱いです。
食費やベッド代、国保の適用ではない先進医療などは対象外です。

一方、1つの病院で21000円以上という条件が当てはまるのなら、
世帯全員の医療費を合算可能です。

払い戻しの権利は2年経過で消滅します。

手続きの方法は保険によって異なるので、保険証に載ってる連絡先で聞きます。
国保の場合も市町村によって異なるので、保険証に載ってる窓口で聞きます。

申請には、「領収書」「保険証」「印鑑」「振込口座のわかるもの」が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください