集団免疫とは何か

集団免疫とは、学校の生徒など一定の集団に予防接種を行って免疫を獲得させる事。
集団が免疫を獲得すると、免疫を持たない者と感染者との接触頻度が大幅に下がります。
その結果、社会全体での感染症の流行が予防できるようになります。
免疫を持っている人が増えれば、予防接種困難な乳児や老人が病原菌に接触する確率が大幅に減る訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください