遺伝子検査キットは40%が誤診

市販の「遺伝子検査キット」は40%くらい誤検出が起きているらしいです。

Up to 40 percent of DNA results from consumer genetic tests might be bogus

市販の遺伝子検査キットでは「GenoTyping」と呼ばれる判定方法を採用。
Ambry Geneticsで49人の被験者に遺伝子検査キットを使ったところ、
生の遺伝子データと比べて、偽陽性が5人中2人の割合で発生。
この偽陽性とは、その遺伝情報が存在しないのに、存在していると「誤診」してしまうとのこと。
もし遺伝情報で陽性判定が出たら、念の為に病院で医師の署名が必要な遺伝子検査をした方が良いそうです。
ただし、原文は英語でアメリカの事情の話。
日本でも同様に病院で遺伝子検査をやって貰えるかは不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください