緑内障とは何か

私もそろそろ緑内障を警戒すべき年齢に近づいているので、調べてみました。
最近、眼の疲れが溜まりやすくなり、疲れが抜けにくくなったのも理由です。

緑内障とは視神経が死んで視野が狭くなる病気(視覚障害)。
他人が眼球を外から見て、目が緑色に見える事から緑内障と名付けられました。

初期症状は視野の一部が欠けること。
しかし、この時点ではもう視神経の半分は死んでるそうです。
自覚症状が出てからでは、もう遅いって事。

緑内障の原因は主に3種類。
ただし「眼圧の上昇」が共通点。

  • 房水の出口の繊維柱帯が目詰まりを起こし、眼圧が上昇する「原発開放隅角緑内障」。
    ※房水は眼球内の体液の事で、血管を介さない角膜やレンズに栄養分を送る働きがあります。
  • 生まれつき繊維柱帯が細く、目詰まりを起こしやすい「発達緑内障」。
  • 外傷、目の炎症、網膜剥離などの目の病気やステロイドなどの薬剤で眼圧が上昇する「続発緑内障」。

ただし日本人の緑内障患者の7割が、眼圧は正常レベルの「正常眼圧緑内障」だったと判明してます。
正常眼圧なので検査で漏れてしまい、発覚が遅れます。
また進行が緩やかで、本人も自覚しにくいそうです。
そのせいで、自覚症状が出て時はもう手遅れと……。

緑内障の治療は点眼が基本ですが、視神経が死んでるので治る事はないそうです。
出来る事はあくまでも「症状の進行を遅らせるだけ」。
それでも進行を止められない場合は手術になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください