突発性難聴は発症後48時間以内に病院へ行かないと治らなくなる

突発性難聴とは、ある日ある時、突然難聴になる病気のこと。

原因はよくわかってないようです。

俗にはミュージシャンに多いとされています。
それはライブで大音量を耳にする機会があり、
かつ自分も大きく口を開けて歌を歌ったりして、
内耳がいつの間にか傷ついて炎症を起こすからと。

しかし、そんな経験も無いのに発症するケースもあるのです。

他にもウイルス感染説もあります。
それは発症前に風邪を引いていた事が根拠。
また、おたふく風邪や麻疹など難聴を併発するウイルス性の病気がある事も根拠。

突発性難聴はいかに早く治療を始めるかで、治るかどうかが決まるそうです。
できれば48時間以内、遅くとも2週間以内に耳鼻科にかからないと手遅れとのこと。
一般的な完治率は1/3です。
しかしこれは、受診までの期間は考慮されてない数値。
受診が早かった場合の完治率は見つかりませんでした。

突発性難聴にはいくつか予兆があったケースもあります。

・耳がつまっているような感覚がした
・聞こえ方が何かおかしかった
・平衡感覚がおかしかった
・めまいがしていた
・耳鳴りがしていた

突発性難聴の治療は、基本的にはステロイドを投与します。
ステロイドには炎症を抑える効果があります。
他「血管拡張薬」や「血液粘度低下薬」も併用します。

治療期間は1週間~1ヶ月程度。

完治しないと、以降の人生で耳鳴りや目眩に悩まされるようになります。
耳が聞こえづらい症状も一生続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。