砂糖を傷口に塗ると治りが早くなる

砂糖を傷口に塗ると治りが早くなるそうです。
ジンバブエからイギリスに渡ったMuranduという医師が突き止めたようです。

Doctors are finding one way that sugar can benefit your health: it may help heal wounds resistant to antibiotics.

Muranduが言うには、ジンバブエでは古くから砂糖を傷薬として使ってたと。
砂糖が傷口を覆い、細菌感染を防ぐそうです。
砂糖は普通の砂糖で良く、サトウキビや甜菜糖も同様の効果があります。
一方、Demerara(甘蔗糖)は効果がなかったとのこと。

砂糖は高濃度だと細菌繁殖を防ぐものの、
低濃度だと逆に細菌繁殖を促進するようです。

糖尿病患者に砂糖治療が有効かどうかは研究中なものの、
砂糖はスクロースであり、糖尿病患者が避けるべきはグルコース。
スクロースは体内でグルコースに変化しますが、
外傷にスクロースを使っても問題ないだろうと、Muranduは予想しているようです。

またシェフィールド大学のSheila MacNeilは、
鶏を使った腫瘍の研究で、砂糖が血管生成を倍化させると発見。
と言うことは、血管生成が早くなるので傷の治りも早まるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください