砂糖が有害な理由

砂糖は動脈硬化の原因とされています。

2014年の「BMJオープンハート研究」によると砂糖は高血圧の原因とも指摘されています。

JAMAインターナル・メディシンによると砂糖は心疾患の原因とされています。
また脳にも影響があるとのこと。
糖尿病が脳の萎縮や痴呆症のリスクが高めるからです。
糖が脳に必要な栄養素を閉め出している可能性があるそうです。
血糖値が高い人は低い人よりも脳の海馬や扁桃体の容積が少ないとのこと。

砂糖には依存性があります。
糖分摂取でインスリンが分泌されて血糖値が低下します。
インスリンはグルコースや脂肪酸を蓄える作用があります。
カロリーの高い物質を脂肪細胞が蓄えた結果、脳はカロリー不足と判断します。
カロリー不足を補う為に脳は糖分を欲しがります。
結果、糖分依存症となります。
いわゆる「甘党」がこれです。
体が砂糖を求める仕組みに変わってしまっているだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください